SAKURA craft_lab

  • Share
  • facebook
  • twitter

新しい懐かしい、をつくる。

series001 series002
ScrollScroll

ひと目見ただけで、ココロが和む。かき始めから、手に馴染む。
「かく」楽しさを呼び覚まし、新しい何かを生み出させる。
そして、いつまでも、ペンを走らせていたくなる。
そんな大人のための筆記具を、私たちは発明します。
かいていてワクワクする、もっていてドキドキする。
人の温かみを感じさせ、それでいてどこにもない。
懐かしいだけではない、新しい懐かしさ。
なめらかなかき心地、鮮やかな色合いで、人の思いをカタチにする。
それは単なる道具を超え、手の一部へ、人の一部へ。
そんな人にやさしく、人に近いモノづくりを。

「SAKURA craft_lab」

Product

SAKURA craft_lab

series 001

series001

series 002

series002

進化するペン。

このペンが兼ね備えているのは、これまでの筆記具がわすれかけていた上質な手触りと実用的な「道具」としての信頼感です。
デザインされたボディと適度な重量感は、使い始めから手に馴染み、あなたとの一体感を生み出します。
真鍮製のマテリアルは使うたびに味わいが増し、時の流れを刻みながらも、世界で一つのペンへと進化を遂げていくことでしょう。
ただ古くなっていくものと、ヴィンテージとの違いは、ここにあります。
「かく」を愛する大人のあなたに、「相棒」と呼ぶにふさわしいペンの誕生です。

series001
series001イメージ

道具としてのこだわりは細部に宿ると私たちは考えています。
真鍮製のボディとスモークガラスを思わせるアクリルとのアクセント、アンティークの眼鏡をもとにデザインされたクリップ、アンティークカメラのダイヤルを思わせる頭冠。
デザインとしての存在だけでなく、頭冠のローレットを回せば、ペン先が出る大人の遊び心も加えています。
インキには、5色の「黒」を用意。
「Coloring the Future」を掲げるサクラクレパスだからこそ、黒にもこだわりました。
使うたびにあなたに馴染み、あなたの一部になっていく。
あると役立つ存在から、いつしかなくてはならない存在へ。
「SAKURA craft_lab」から生まれるプロダクトは、あなたの「感性」を刺激し続けます。

大人のクーピー。

手にするだけで、無邪気な気持ちを思い起こさせる。
体から溢れる思いを、まっすぐカタチにできる。
それがこのペンの魅力です。
クーピーペンシルをイメージしたデザイン、真鍮とアクリルの二重構造でみずみずしい色合いが表現されたボディ。
上品でありながらも、カジュアル。
ちょうどいいバランスが、手にも心にもフィットするに違いありません。
目にした時、手にした時、素直な気持ちで紙に向かうことができる。
感性にピン!とくる大人のペンが誕生しました。

series002
series002イメージ

美しい色合い、心地よい手触り。
大切なのは、シンプルでありながら、モノとして丁寧につくられていること。
真鍮とアクリルの二重構造のボディ、頭冠のツマミをひねるとペン先がでるさりげない遊び心、ボディカラーは10色のバリエーションを用意。
かいていて楽しいのはもちろん、持っているだけでも楽しい、 並べてみても楽しくなる。
そんな「筆記具」の可能性を無限に広げてくれる魅力がこのペンには備えられています。
「SAKURA craft_lab」から生まれるプロダクトは、あなたの「かく」をもっと豊かにしていきます。

Story

SAKURA craft_lab

“SAKURA craft_lab”のはじまり

これまで私たちは、筆記具にはサクラクレパスの名前を全面的に打ち出さず、商品ごとのブランディングを続けてきました。
「描画材料のブランド」「子ども向けの商品ブランド」というイメージが筆記具としてはプラスに働かないと考えていたからです。
しかし、商品化に向けた調査で、「サクラクレパス」のもつ「親しみやすい」「色鮮やか」「懐かしい」というイメージは、プラスに働くことがわかりました。

私たちは、もう一度、自分たちの原点に立ち返り、サクラクレパスらしい筆記具を生み出そうと考えました。
かいていてワクワクする文筆記具をつくる。
そのための筆記具開発チームが、「SAKURA craft_lab」です。

SAKURA craft_labの新しい懐かしい

懐かしいのに、新しい。
SAKURA craft_labのペンには、思わず手を伸ばしてみたくなる魅力があります。
001の頭冠部分はアンティークカメラのダイヤルをモチーフに。
懐かしさを感じさせるだけでなく、回すことでペン先が出る「新しさ」を加えています。
また、ボディのアクリル部分は「スモークガラス」のような手触りを再現。
繊細なブラスト加工を施すだけでなく、表面にグリスとワセリンを調合し、「かく」人との一体感を重視しました。
002のシルエットは、クーピーそのもの。
ただ、そのカタチだけでなく、手触りにも注目してください。
ペンでありながらも、クーピーのようなザラつきとほのかな弾力性。
これも一つの新しさ。
SAKURA craft_labは、「懐かしい」と「新しい」の絶妙なバランスで、「かく」人の感性に深く届くものづくりを行います。

開発風景01
開発風景03

サクラブランドならではの色へのこだわり

SAKURA craft_labのペンの魅力を最大限に引き出しているのが、カラーリング。
通常はアクリルだけで表現しますが、私たちのペンは、アクリルと真鍮の二重構造を採用し、これまでにない心地よい色合いを生み出しています。
透かして見たときの独特の深みと奥行きは、このペンの特長の一つです。
また、インキには5色の黒を用意。
ブラックに加え、ブルーブラック、ブラウンブラック、ボルドーブラック、グリーンブラックの5色の黒をつくりました。
「coloring the future」を掲げる私たちだからこそ、ビジネスでも使用できる大人のカラフルを生み出しました。

「かく」楽しさを何度でも。

かいていてワクワクする筆記具をつくろう。
「かく」ことの本質を追求しよう。
サクラクレパスの原点に立ち返ろう。
こうして生まれた「SAKURA craft_lab」のペン。
目まぐるしく変わる毎日の中で、自分の一番身近にあるものには、落ち着きとやすらぎを求めたい。
流行やブランドではなく、自分にあったものを大切にしたい。
そんな方に使ってもらいたいと考えています。
子どもの頃の純粋な「かく」気持ちを、大人になった今へと繋げていただけますように。

開発風景04

craft_lab Team

開発者