SAKURA craft_lab

開発者インタビュー

SAKURA craft_lab 開発者

人生のパートナーになるようなペンを目指して

マーケティング部
商品企画課長
廣瀬 泰治
廣瀬 泰治

SAKURA craft_labのこだわりと誇り

商品ごとの方向性やデザイン、インキ色、品質などについて、様々な可能性を考え妥協せずに徹底的に検討・追求しています。
チームで仕事をすれば当然のように意見がぶつかり出口が見えないときもありますが、そこでお互いに妥協し合ってしまうと角の取れた最大公約数的な商品しか生まれてきません。そのような商品は明らかにSAKURA craft_labシリーズではなくなってしまうので、そうならないように最善の着地点を見出すことがSAKURA craft_labのものづくりにおけるこだわりであり、苦労とも言える点です。
SAKURA craft_labシリーズのペンは、サクラクレパスのブランドイメージを活かした、どこか懐かしく、それでいて斬新で、思わず手に取りたくなうような情緒的価値がこもったところが他のペンには負けないと誇れるところです。
「子どもの頃に慣れ親しんだ、懐かしさを感じるブランド」というものはそうそうあるものではないので、その点を最大限に活用したペン作りは専業メーカーには難しいのではないかな、と思っています。

廣瀬泰治

人生を豊かにするパートナーに

お気に入りのアクセサリーや時計、バッグのように、人生を共に過ごすパートナーのように接していただければありがたいです。
革製品を磨くようにペンを磨いて愛でる。SAKURA craft_labをきっかけに、そんな日常が世の中に広がっていったら嬉しいです。
そして、“かく”ことで想いを視覚化し、頭や気持ちを整理して、SAKURA craft_labを手にする方の人生が少しでも豊かなものになれば、商品企画マン冥利に尽きるというものです。

筆記具でもサクラというブランドを確立していきたい

SAKURA craft_labはデビューしてまだ3年(2021年2月時点)。まだまだこれからの商品であり、引き続き書く人々にワクワクしていただけるような筆記具を創り続けていきたいと思っています。
私も五十路になりましたが、小さく丸く収まってしまわぬよう自分自身に刺激を与えつつ、「新しい懐かしい、をつくる。」という基本コンセプトを忘れずに、ユーザーの心に刺さる新しい“情緒的価値”を見いだし、具現化することを追い求めていきたいと思います!